<   2011年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧
110331 #kuraku
この度の東北関東大震災に際し、皆様方におかれましては様々な被災地支援の活動をされていることと推察します。
私たち建築家グループ(赤松佳珠子 押尾章治 駒田剛司 佐々木龍郎 杉千春 田井幹夫 高橋真奈美)も募金等の支援だけでなく、今自分たちに出来ることが他に無いのかと皆で話し合いをしています。
本当に小さなことでも何かをせずにはいられないというのが正直な気持ちです

そこで、節電と被災地への祈りを捧げるという意味でツイッターで#kuraku の呼びかけをしています。


♯kuraku
暗くなければ見えないものがある。4月1日、21:00から10分間、電気を消してみよう。
そして皆で美しい星空を見上げよう。被災された方々への祈りを込めて・・
a0147204_1750334.jpg

赤松佳珠子 押尾章治 駒田剛司 佐々木龍郎 杉千春 田井幹夫 高橋真奈美
[PR]
by komadakenchiku | 2011-03-31 17:54 | 都市
110323 街の再建/肉を切らせて骨を断つ/生きる糧
津波で失われた街をどう再建したら良いのか。現地の様子を映像で見るたびにその道のりの困難さを感じずにはいられません。一方議論は急がなくてはならない。時間を掛けている暇はないのでしょう。しかし急ぎ過ぎは必ず取り返しのつかない失敗を招く。再建に必要なハード、ソフトとも基本となるコンセプトについて地元の方々に出来るだけ参加してもらいながら、議論を深めなければならないでしょう。ハードについては、将来また必ず襲来する津波をどう想定するかが大きな問題になると思います。今回のような津波に対して有効な防潮堤の建設が可能であるのか、私には分かりませんが、恐らく現実的には「肉を切らせて骨を断つ」的な備えをもった街作りが求められるのではないでしょうか。ハード面で出来ることをするのは当然ですが、限界がある。言い換えればどこかで諦めるざるを得ない。重要なのは津波が来ることを前提とした新しい生活文化(具体的な防災計画から、広く人の行動、思考様式、自然観、世界観などを含む)を醸成し定着させることでしょう。もちろんハードとしての街はその新しい生活文化の反影でなければなりません。
その街作りを先導するのは地元コミュニティーでなければなりません。街を失った住民の方々の当面の生きる糧と目標を自分たちの街作りに向けることが絶対に必要です。街作りのアイデアを住民とプロが共に考える。そこには防災、土木、建築などだけでなく、広く文化や思想、哲学なども含んだ広範な議論の展開が望まれます。そして瓦礫の撤去から始まって、土地の造成、建物の建設に至まで出来るだけ地元民の手を介して作業を進め、その対価を国や自治体が保証する。そうすれば商店や食堂だって戻ってくるはずです。新しい街を自らの手で造るという実感は必ず復興を豊かで真に文化的な営為に押し上げると信じます。

私たち建築家の間でも連携して具体的な行動を起こし始めています。まだ小さな動きですが、連携をより広げて行くことで必ず大きな力になると思っています。〈TAK〉
[PR]
by komadakenchiku | 2011-03-23 12:35 | 都市
110314 投稿追記 Yー3さんのコメントに寄せて
Y-3さんコメントありがとうございます。私たちは今経験していることを糧とし、大震災前とは違う「新しい日常」をスタートさせなくてはならないと思います。いたずらな悲観論や過度な自粛ムードの広がりは社会を萎縮させるだけで何も生まないばかりか、Y-3さんの言う冷静で理論的な思考を停滞させる恐れがあると思います。一方ここで私が呆然とせざるを得ないのは、その理論的な思考では解決し得ない人の営みが根源的に抱えている矛盾。そしてその矛盾が時に人の営みを豊かに彩ると同時に、自然との関わりで言えば、大きな悲劇をも呼び込むということです。端的に言えば、今回津波で壊滅した街に人の営みは戻るのでしょうか。戻るとすればどの様な形で?高さ20mの防潮堤を建造するのでしょうか?それでも人の住むべき場所と言えるのでしょうか?私にはただ自然と正面から対立することから、何の文化も生まれないと思います。そもそも日本列島の風土はそこが世界有数の地震国であることと切り離せない。私たちはとてつもなく大きな矛盾を抱えることで、豊かな文化を育んで来たとも言えるのです。大震災の惨状を目の当たりにし、私たちには私たちはの抱える矛盾を再認識すること。そしてそれを受け入れ生きて行く生き方を改めて検証することが求められているのだと思います。〈TK〉
[PR]
by komadakenchiku | 2011-03-14 23:37 | 都市
110314 東北関東大震災
この度の大震災および津波等で被災された方々に心よりお見舞いを申し上げると共に、不幸にもお亡くなりになられた大勢の方々に深く哀悼の意を表したいと思います。
幸運にも被災を逃れた私たちに何が出来るのか。。。
いま正に現在進行形で進む未曾有の事態を前にしてただ呆然としています。
都市や集落といった社会生活基盤を自然の中に築くことで人はその営みを続けて来ました。そうした中で最もクリティカルなのが自然との折り合いをどうつけるのかということだと思います。折り合いの付け方が、生活様式と結びつき場所や地域それぞれの固有文化が生まれる。
しかし時として私たちはそれに大きな代償を払うことがある。いまその代償の大きさに呆然としています。。。
もちろんただ立ちすくむ訳にはいきません。被災地に向けて出来ることをする。そして明日にも同じ災難が誰の上にも降り掛かる可能性があることを決して忘れない。強くそう思います。〈TK〉
[PR]
by komadakenchiku | 2011-03-14 19:19 | 都市
110310 コーポラティブハウス募集開始!
a0147204_22115890.jpg
今日はちょっと宣伝をさせて下さい。コーポラティブハウス「河田町テラス」の募集がアーキネットで始まっています。ご興味のある方は是非サイトをご覧になってみて下さい。新宿区河田町の住宅街の一角に建つ4戸のコーポラです。細長い建物の側面に縁側のようなテラスを設け、ガーデニングを楽しめるようにネットのスクリーンで囲いました。屋上緑化した階段室はこのテラスの間を縫うようにして上昇します。
a0147204_2213535.jpg
このテラスと階段室は周密な都市環境の中で、住空間が外部と接続可能になるための道具立てなのはもちろん、都市に潜在化して見えなくなっている建物と建物の隙間を積極的に捉え、都市そのものの風景を変えたいという気持ちも込められています。
a0147204_22133956.jpg

[PR]
by komadakenchiku | 2011-03-10 22:15 | balco
110302 kap撮影/ひなまつり
a0147204_23145960.jpg
今日はころころと変る天気の中kapの新建築の撮影。写真は夕景を撮るカメラマンの井上さんです。kapはそこで動いて体感するための空間造りに終始した感があり、傍島さんの竣工写真も含めて、それがどう静止画に定着されるのか凄く楽しみです。
明日は朝から某ハウスメーカーでレクチャー。建主の要望や敷地条件、その他諸々の与条件から、何をどこから読み取ってどう形に繋げるのか。そんな話をリクエストされています。あまり整理して考えたことが無かったので、パワーポイントをいじりながら自分でも色々と気づくことがあったりします。
ところで、明日はひな祭りですね。今年はお雛様を出せませんでした。ここ数年我が家では隔年行事になってしまっています。。。〈TAK〉
[PR]
by komadakenchiku | 2011-03-02 23:47 | K-AP



駒田建築設計事務所/駒田剛司+駒田由香
by komadakenchiku
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
駒田建築設計事務所
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
121110 ウェブサイトリ..
at 2012-11-10 22:33
121028 「balco」..
at 2012-10-28 15:37
121019 OZ邸引渡
at 2012-10-19 12:38
121011 KN邸上棟
at 2012-10-11 23:58
120730 KN邸/リノベ..
at 2012-07-30 21:00
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism