<   2012年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧
120322 NA邸引渡し
a0147204_11524688.jpg
土曜日、NA邸を無事引渡しました。引渡にまつわる私たちの気持ちは折に触れてコメントして来たと思いますが、改めて感じたことを書いておきたいと思います。
引渡しは建物が完成してとても喜ばしいのですが、手塩にかけてきた建物から距離を置かざるを得なくなる寂しさが重なってなんともアンビバレントで若干居心地が悪い様な不思議な感じがします。多くの時間と努力を費やして漸く竣工の日の目を見たかと思ったら、その喜びを噛み締める間もなく建物は施主の手に引渡されるわけです。せめて、完成後しばらくは自分たちの手元に置いておきたい!なんて思うのですが、そんなこと叶うはずもありません。占有権の移動を意味する「引渡し」という言葉には、そんな淡い気持ちを持つことすら許さない有無を言わせぬ響きを感じます。この嬉しいような悲しい様な、考え方によっては理不尽(!?)とも言える引渡しの手続きの間、私が微妙な表情をしていたとすれば、それはそんなことが理由だったのだと思います。
一方、建物の引渡しを受ける側の気持ちを推察すると、新居を手にする喜びを感じていらっしゃるのは勿論ですが、自分たちの居場所になりきっていない我が家によそよそしさというか、まだしっくりとこない感じを持っているのではないかと思うのです。引渡される側も引渡す側(施工関係者も含め)もそれぞれ違った思いを抱きながらも、しっくりしない感じだけは共有していて、それが引渡しの時に漂うどこかぎくしゃくした雰囲気を誘うのかと。。。
設計を任せて頂いたことをやっと素直に喜べる気持ちになれるのは、引渡してしばらく後、すっかりお施主さんの居場所になったお宅にお邪魔した時かもしれません。引渡し直後の空っぽな感じとは対照的に、生活のカタチが染み付いた家は生気に満ちていて大変心地が良い。私たちの気持ちも家と同じで、そこでやっと満たされるのだと思います。
ということで、NAさん、次に伺う時を心待ちにしています!〈TAK〉
[PR]
by komadakenchiku | 2012-03-22 12:39 | NA邸
120312 NA邸施主検査/IR邸色決め
a0147204_2321453.jpg
昨日、内覧会の案内をアップしたNA邸の施主検査がありました。
a0147204_23318.jpg
お施主さんご家族と内外を1時間程かけて見て廻ります。引渡直前までバタバタで、施主検査時は工事の真っ最中という現場が多い中、NA邸は明日にでも引渡が出来るのではという完成度。
a0147204_2335254.jpg
天気にも恵まれて大変和やかな雰囲気で検査は終了。引渡まであと1週間。最後まで奇麗に仕上げてお引渡しに臨みたいと思っています。

a0147204_23504316.jpg
1週間遡って先々週の週末。石巻から戻った翌日、IR邸のお施主さんご家族と現場で内外装の色決めをして来ました。現場で既定路線を大きく変えたNA邸。IR邸は事前に新しい色の組み合わせを検討してから臨みました。
a0147204_23511353.jpg
カラースキーム用の模型を用意してその場で色んな組み合わせを試してもらいます。IR邸は外壁が内部まで入り込むので、内外を同時に決めなければなりません。しかも私たちの設計では恐らく初めて勾配屋根が壁から分離して現れている。壁を軸にして壁/屋根、壁/天井/床、壁/天井/軒裏/床、などなど、色んなコンビネーションの検討が必要になります。もちろんその中には周囲の環境との関係もあるわけで、参加者全員で2時間みっちり悩みました。そして悩んだ挙げ句の結果は設計当初から模型で表現していた色に。案がひっくり返ることもあれば、元に戻ることもある。現場の中と外を行ったり来たりしながら、壁や屋根にサンプルを当ててもらい、あーでもないこーでもないと考えるのは、その場で下した判断が建物の表情を決定付けるという意味で大変スリリングかつ、この上なく楽しい経験でした。最後は皆納得の結論に達し、判断に間違いは無いと確信しています。〈TAK〉
[PR]
by komadakenchiku | 2012-03-13 00:17 | HAT
120312 NA邸内覧会
a0147204_22383347.jpg
ここで何度かご紹介して来た「NA邸」が竣工します。
建主様のご厚意により内覧会を開催する運びとなりましたので
是非皆様に足をお運び頂ければと思います。

木々の中にいるような、人の動きや時の移ろいの中で環境が常に揺れ動く
柔らかな場が出来たと思っています。


日時  :2012年3月17日(土)13:00〜17:00
場所  :目黒区鷹番3-16-20
交通  :東急東横線学芸大学駅徒歩5分
構造  :鉄骨造2階建
用途  :専用住宅
敷地面積:117.59m2
建築面積:56.71m2
延床面積:105.64m2
建築設計:駒田剛司+駒田由香/駒田建築設計事務所
構造設計:LOW FAT structure Inc.
施工  :江中建設
当日連絡先:090-1208-4433(深澤浩司)

a0147204_2115991.png


a0147204_1938377.jpg

[PR]
by komadakenchiku | 2012-03-12 19:39 | NA邸
120305 石巻
先週後半から色々とありました。
まず、木曜日の早朝から石巻へ。「石巻2.0」という活動をしているアトリエイーゼロサンの天野美紀さんに声を掛けて頂いての訪問。
a0147204_23512572.jpg
さすが、かの大森ロッジを取り仕切っていることだけはある、明るく元気で気配りの利いた頭脳明晰な女性です。その天野さんに真っ先に連れて行かれたのが、呉服店の「かめ七」さん。
a0147204_2356258.jpg
写真は店主の米倉さんご夫妻と木曜の夜お店でコンサートを開いたシンガーのリンダさん。
石巻の古い商店街は、建物の多くが流出を免れたものの2mの津波が押し寄せました。当然商店街は壊滅的な被害を被った。かめ七さんはそのなか、なんと半年でお店を再開したとのこと。天野さんたちボランティアの協力があったからと仰っていましたが、それもかめ七さんご夫妻の尽力と人を惹き付ける吸引力あってこそ。なにしろ、お店の奥で地震直後から撮りためた写真を見せてもらっていると、引っ切り無しに人が出入りして来ます。お客だけでなく街の方やボランティア関係の方、イベント企画の持ち込み等々。奥の座敷には東工大真野研究室の学生が午後の街作り勉強会のための模型を造っていて、もはやここは公共スペース。天野さんが案内してくれた訳も分かりました。ここに居ると石巻の今がよく分かる。私は何故かかめ七さんに出前の天丼(しかも上!)をごちそうに。被災地の方におごってもらうってどういうこと?とその場ではお代をお渡ししたのですが、私の気がつかない間にカバンにしっかり千円札が戻っていました。。。かめ七さんごちそうさまでした。とても美味しかったです。
「石巻2.0」は被災地復興という枠に収まらない、外部の人材も積極的に活用しながら街を新しく楽しく変えて行こうという活動です。被災地を一方的に助けるという時期はとっくに終わっている。かめ七さんや天野さんのお話を聞いていて印象的だったのは、両者の関係がフラットだということ。自己の充足を目的にした行為が自然と利他的であもるという、実に当たり前で健全な姿があると感じました。
a0147204_0305976.jpg
夕方からは真野研究室の街作り勉強会。私はオブザーバーとして参加させて頂きました。勉強会ということで、なにが議論されるかと思い気や、要は更地になった土地をどうやって土地活用をするかということ。石巻の中心街には通りと通りを結ぶ細い横丁が江戸時代から形成されていて、それが町並みの特徴になっています。そのうちの一つ、松川横丁の更地に横丁空間を大切にした集合住宅を計画するというもの。地権者の方も街のため、自分のためにと今必要とされる「正しい」収益物件の在り方を真剣かつ前向きに考えている。私たちが事務所でいつもしている賃貸集合住宅の打合せとなにも変りません。毎週のように開かれているこの会、この日の話題は建設資金や補助金、収益率などが中心で、その辺得意と自負している私としてはいくらでもお手伝い出来ると感じたところです。真野さんは建築的な提案を中心に据えるのではなく、街のコンテクストから導かれる最低限の建築的な手がかりを地元の方々に提示し、それを地元の方々が主体的に動かし決定して行くための水先案内人といった感じ。このスタンスにはとても共感しました。3.11後、この街にはパーマネントな建物はおそらく一棟も出来ていない。この集合住宅がその一棟目になることを願って止みません。
勉強会の後はリンダさんのコンサート。その後、天野さん真野さん大学院生を交えて石巻の美味しいお酒と魚を頂きに。しこたま飲んで盛り上がり、集合住宅の実現へ向けての恊働体制を誓ったのでした。

金曜日の夕方東京へ帰り、昭和女子大の卒業設計展へ。昭和の卒計はレベルが高い。建築することに物怖じする風が無く、かつベタベタな作品も無い。感心しました。

週末のことも書き込もうと思ったのですが、、、、長くなったのでまた後日。〈TAK〉
[PR]
by komadakenchiku | 2012-03-06 01:38 | 石巻



駒田建築設計事務所/駒田剛司+駒田由香
by komadakenchiku
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
駒田建築設計事務所
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
121110 ウェブサイトリ..
at 2012-11-10 22:33
121028 「balco」..
at 2012-10-28 15:37
121019 OZ邸引渡
at 2012-10-19 12:38
121011 KN邸上棟
at 2012-10-11 23:58
120730 KN邸/リノベ..
at 2012-07-30 21:00
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism